MENU

クレジットカードを学生のうちに作っておくべき7個の理由とは?どのカードが人気なの?

この記事にはPR広告が含まれています

「学生はクレジットカードを作るべき?」
「もしクレジットカードを作るなら何が良い?」

18歳以上(高校生を除く)になるとクレジットカードを発行出来るようになるので、周りにクレジットカードを持つ人が出始めたという方も中にはいるでしょう。

学生がクレジットカードを持つべき理由は、単に支払いが楽になったりポイントが貯まったりするだけではなく、複数存在します。

と同時に、使い方を間違えるとリスクがゼロというわけではないので、正しい知識が必要です。

またクレジットカードは1,000種類以上あると言われているので、選び方も重要になってきます。

目次

学生に人気のクレジットカード3選

学生におすすめなクレジットカード3選

まずは、アンケート結果で10~20代に人気のクレジットカードをご紹介します。

共通しているのは年会費が無料という点です。またポイント還元率が高いカードが人気の傾向にあります。

スクロールできます
カード名ポイント
還元率
年会費利用限度額発行スピード国際ブランド公式サイト

JCB CARD W
1%永年無料最大100万円最短5分
※ナンバーレスの場合
JCB詳細を見る
三井住友カード(NL)
三井住友カード
(NL)
0.5%永年無料最大100万円最短10秒
※即時発行できない場合があります。
Visa
Mastercard
詳細を見る
学生専用ライフカード
学生専用
ライフカード
0.5%永年無料最大30万円1週間程度JCB
Visa
Mastercard
詳細を見る

10代・20代のクレジットカード保有者に調査を行ったところ「クレジットカードを選ぶ際に重視する点」として「年会費の安さ」や「ポイントの貯まりやすさ・使いやすさ」が上位に挙がっており、納得の結果と言えるのではないでしょうか。

他のクレジットカードも含めて比較したいという方は「【最新】学生におすすめなクレジットカードTOP20!リアルな口コミで満足度が高いのはコレ!」もあわせてご覧ください。

ご紹介した3種類のクレジットカードについて、詳しく解説していきます。

JCB CARD W

JCB CARD W
年会費永年無料
申込条件18歳以上39歳以下で、本人または配偶者に安定継続収入のある方。
高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方。
※一部対象外の学校あり
ポイント
還元率
1%
(Oki Dokiポイントへ還元)
利用限度額最大100万円
発行
スピード
最短5分
※ナンバーレスの場合
国際
ブランド
JCB
支払方法1回払い
2回払い
ボーナス一括払い
ショッピングスキップ払い
リボ払い
分割払い
締日/支払日毎月15日締め/翌月10日支払い

JCB CARD Wは、18歳から39歳までの若年層を限定としたクレジットカードで、学生でも申込可能です。

一度保有した後は、40歳以降もそのまま利用できるという特徴があります。

また、年会費が無料でありながら海外旅行傷害保険は最高2,000万円まで保障されているため、海外旅行の際に活用が可能です。

さらに、海外向けの特典としてハワイの「ワイキキトロリー」が無料になるサービスもあり、卒業旅行で海外にいく際などで特典を活用できる1枚でしょう。

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)
年会費永年無料
申込条件満18歳以上の方(高校生は除く)
ポイント
還元率
0.5%
(Vポイントへ還元)
利用限度額最大100万円
発行
スピード
最短10秒
※即時発行できない場合があります。
国際
ブランド
Visa
Mastercard
支払方法1回払い
2回払い
ボーナス一括払い
リボ払い
分割払い
締日/支払日15日締め翌月10日払い
月末締め翌月26日払い

三井住友カード(NL)では学生専用の特典として「学生ポイント」が利用できます。

「学生ポイント」とは特定の加盟店で利用すると最大で+9.5%のポイント還元率(※)となる点が特徴です。
※ポイント加算には、条件・上限があります。

具体的な利用条件とポイント還元については以下の通りです。

・対象のサブスクリプションサービスの支払いで最大+9.5%
・携帯料金の支払いで最大+1.5%
・QRコード決済(LINE Payのチャージ&ペイ)の支払いで最大+2.5%

また、学生ポイントでは分割払いを利用時に発生する「分割手数料」を全額相当分ポイントとして還元してもらえます。

さらに、学生の方であれば申込手続きやエントリーをせずに、利用可能な点が特徴です。

他にも、三井住友カード(NL)では対象のコンビニ・飲食店での利用でもポイントは最大7%(※)還元される特徴があるため、店舗での決済でもポイントが多く貯まります。
※商業施設内の店舗など、一部加算対象ではない店舗・指定の還元率にならない可能性があります。また、ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したものです。そのため、Vポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。
※最大7%のポイント還元を受けるためには、一定の条件があるため、必ず三井住友カードのホームページをご確認ください。

学生専用ライフカード

学生専用ライフカード
年会費永年無料
申込条件満18歳以上満25歳以下で、大学・大学院・短期大学・専門学校に現在在学中の方
※オンラインでの入会申込は、 卒業予定年月の1か月前の月末まで
進学予定で満18歳以上の高校生の方
※卒業される年の1月以降に申込可能
ポイント
還元率
0.5%
(サンクスポイントへ還元)
※ポイント交換先によって還元率が異なります
利用限度額最大30万円
発行
スピード
1週間程度
国際
ブランド
JCB
Visa
Mastercard
支払方法1回払い
2回払い
ボーナス一括払い
リボ払い
分割払い
締日/支払日5日締め
27日もしくは3日支払い
※引き落とし金融機関によって締日が異なります。

学生専用ライフカードは、名前の通り学生限定で申込可能なクレジットカードです。

高校生の方でも18歳以上で進学予定があれば申込可能な点が特徴として挙げられます。

また、「海外旅行傷害保険が最大2,000万円まで自動付帯」で「海外で利用した金額の3%がキャッシュバックされる」など、海外向けの特典が豊富です。

他にも、ポイント還元率が入会初年度は1.5倍、誕生月は3倍と、特定のタイミングで増加する点も特徴です。
利用金額に応じて次年度のポイント還元率が増える「ステージ制」もあるため、使い方によっては多くのポイントを貯められます。

卒業してからは通常の「ライフカード」へ切り替わり、ステージも引き継がれるため、長期的にクレジットカードを利用する予定がある場合は選択肢の1つとなるでしょう。

学生向けの最強クレジットカード3選

学生向けの最強クレジットカード3選

続いては、学生向けの最強と呼べるクレジットカードです。
10代・20代へのアンケート調査結果で満足度が高いクレジットカードのうち、年会費が無料かつポイント還元率が高いカードについて「学生向けの最強クレジットカード」と定義し、次の3種類を選定しました。

スクロールできます
カード名ポイント還元率年会費利用限度額発行スピード国際ブランド公式サイト
三井住友カード(NL)
三井住友カード
(NL)
0.5%永年無料最大100万円最短10秒
※即時発行できない場合があります。
Visa
Mastercard
詳細を見る

JCB CARD W
1%永年無料最大100万円最短5分
※ナンバーレスの場合
JCB詳細を見る

楽天カード
1%永年無料最大100万円1週間程度JCB
Visa
Mastercard
American Express
詳細を見る

また、当メディアでは学生向けの最強クレジットカードを5つピックアップしていますので、興味のある方は「学生向けの最強クレジットカード5選!学生専用カードや特典のあるカードをご紹介」もあわせてご覧ください。

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)
年会費永年無料
申込条件満18歳以上の方(高校生は除く)
ポイント
還元率
0.5%
(Vポイントへ還元)
利用限度額最大100万円
発行
スピード
最短10秒
※即時発行できない場合があります。
国際
ブランド
Visa
Mastercard
支払方法1回払い
2回払い
ボーナス一括払い
リボ払い
分割払い
締日/支払日15日締め翌月10日払い
月末締め翌月26日払い

三井住友カード(NL)は対象のコンビニ・飲食店での利用でポイントは最大7%(※)還元される点が特徴です。
※商業施設内の店舗など、一部加算対象ではない店舗・指定の還元率にならない可能性があります。また、ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したものです。そのため、Vポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。
※最大7%のポイント還元を受けるためには、一定の条件があるため、必ず三井住友カードのホームページをご確認ください。

他にもポイントがもらえるサービスや特典が豊富です。

・ポイントUPモール
ポイント優待サイトを経由してネットショッピングするだけで、+0.5~9.5%還元
・ココイコ!
事前にエントリーして街の対象店舗でカードを利用した場合にポイントやキャッシュバックの特典がもらえる
・三井住友カードつみたて投資
SBI証券の投資信託をクレジットカードで積立可能で、積立額の0.5%のVポイントが貯まるサービス
・学生ポイント
学生限定で対象店舗での支払いが最大で+9.5%のポイント還元率となるサービス
※ポイント加算には、条件・上限があります。

そのため、ネットショッピングや店舗での支払いでポイントを貯めたい方にとって選択肢となるでしょう。

JCB CARD W

JCB CARD W
年会費永年無料
申込条件18歳以上39歳以下で、本人または配偶者に安定継続収入のある方。
高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方。
※一部対象外の学校あり
ポイント
還元率
1%
(Oki Dokiポイントへ還元)
利用限度額最大100万円
発行
スピード
最短5分
※ナンバーレスの場合
国際
ブランド
JCB
支払方法1回払い
2回払い
ボーナス一括払い
ショッピングスキップ払い
リボ払い
分割払い
締日/支払日毎月15日締め/翌月10日支払い

JCB CARD Wは、18歳から39歳までの方限定で申込できるクレジットカードです。

国際ブランド「JCB」が発行するプロパーカードで、東京ディズニーリゾートと提携しています。

そのため、カード利用に応じて、東京ディズニーリゾート内のパークチケットやホテル宿泊券などが抽選で当たるキャンペーンが開催されていることが特徴です。

また、一般カードである「JCB カード S」に比べてポイント還元率が2倍であり、ポイントが貯まりやすくなっています。

楽天カード

楽天カード
年会費永年無料
申込条件18歳以上の方(高校生を除く)
ポイント
還元率
1%
(楽天ポイントへ還元)
利用限度額最高100万円
発行
スピード
1週間程度
国際
ブランド
JCB
Visa
Mastercard
American Express
支払方法1回払い
2回払い
ボーナス一括払い
リボ払い
分割払い
締日/支払日毎月末日締め/翌月27日支払い

楽天カードは楽天ポイントが貯まるクレジットカードです。

「楽天ペイ」や「楽天市場」などの楽天系列を利用している方向けの特典が豊富な点が特徴です。

楽天市場の特典
楽天カードで決済する場合はポイント還元率が3%以上となる
SPU(スーパーポイントアッププログラム)や「お買い物マラソン(キャンペーン)」を活用するとさらに還元率がアップする
・楽天ペイの特典
楽天カードからチャージ可能で、チャージ時に0.5%のポイントが還元される
楽天ペイでの決済時と合計すると1.5%のポイント還元率となる

そのため、普段から楽天のサービスを活用している場合に選択肢の1つとなるでしょう。

クレジットカードを学生のうちに作っておくべき7個の理由

クレジットカードを学生のうちに作っておくべき7個の理由

クレジットカードを学生のうちに作っておくべき理由としては、以下の7点が挙げられます。

1.ポイントが貯められる
2.現金よりお金の管理がしやすい
3.支払いや持ち運びが手軽にできる
4.ネットショッピングが利用できる
5.学生向け特典が利用できる
6.付帯特典で保険を備えられる
7.クレジットヒストリーを積み上げられる

上記のメリットがあるため、クレジットカードを持つべきという人もいます。

理由1.ポイントが貯められる

クレジットカードを利用するメリットとして挙げられるのが「利用金額に応じてポイントがポイントが貯まる」という点です。

例えば、月に5万円をクレジットカードで支払う場合、ポイント還元率が1%であれば500円相当、0.5%であれば250円相当のポイントが貯まります。

貯まったポイントは現金へのキャッシュバックや店舗での支払い、他のポイントサービス・マイルへの交換など様々な使い道に利用可能です。

そのため、支払った金額がポイントとして還元される点がメリットといえるでしょう。

理由2.現金よりお金の管理がしやすい

クレジットカードは「利用明細」があるため、現金よりもお金を管理しやすい点がメリットです。

利用明細では「いつ・何に・いくら」使ったかが明確に記載されています。

また、月ごとの利用金額や年間の利用金額などもわかるため、活用することで使いすぎを防げるでしょう。

利用明細はクレジットカードのアプリから確認できるため、スマホ1つあれば手軽に支払いの管理ができます。

そのため、ショッピングをする機会が多い方はクレジットカードの利用も選択肢となるでしょう。

理由3.支払いや持ち運びが手軽にできる

クレジットカードはカードもしくはスマホから支払いが可能なため、持ち運びや決済が楽というメリットがあります。

例えば、電子マネーの支払いをクレジットカード経由で行えば、財布を持ち歩かなくても決済可能です。

また、カードを端末に挿入するかかざすだけで決済できるため、支払いにかかる時間が短くなる点も特徴です。

現金の場合は持ち運びに財布が必要で小銭を探す手間がかかる場合もあるため、手軽さの面ではクレジットカードの方がメリットがあるでしょう。

理由4.ネットショッピングが利用できる

クレジットカードを保有することで、ネットショッピングを手軽に行えます。

クレジットカードを使わない場合は、以下のような支払い方法が利用可能です。

・コンビニ払い
・電子マネーによる支払い
・銀行振込
・代金引換
・インターネットバンキングによる支払い
・キャリア決済 など

上記からも分かる通り、コンビニ払いや銀行振込など、支払いに時間がかかるものがほとんどです。

クレジットカード払いの場合は、カード番号・セキュリティコード・有効期限を入力するだけで支払いが可能です。

また、同じサイトであれば2回目以降の入力を省けるため、素早く決済できる点が特徴です。

またネットショッピングに限らずサービスの支払いにもクレジットカードが利用できるため、支払いの選択肢が増える点もメリットといえるでしょう。

理由5.学生向け特典が利用できる

クレジットカードの中には「学生向け」の特典が利用できるものもあります。

具体的な特典内容の例としては、以下の通りです。

・学生専用カードの年会費が無料になる
・学生専用カードが一般カードに比べてポイント還元率が高くなる
・特定のサービスや店舗で割引、優待特典が受けられる

また「学生専用カード」という学生限定のクレジットカードもあり、学生ならではの特典を提供している場合もあります

そのため、特典を目的にクレジットカードを保有するのも選択肢の1つでしょう。

理由6.付帯特典で保険を備えられる

クレジットカードには、付帯特典として保険が利用できる場合があります。

具体的な保険の種類については、以下の通りです。

・旅行傷害保険保険(海外・国内)
旅行中のケガや病気に対して補償を受けられる
・ショッピングガード保険
対象の購入した品物が、破損・盗難・火災などの偶然な事故によって損害が発生した際に補償を受けられる
・クレジットカードの紛失・盗難保険
クレジットカードの紛失や盗難の届け出をした日から一定間(60日が一般的)、不正利用に対する補償を受けられる
・スマートフォン保険
スマートフォンの修理費用を補償するサービス

保険が付帯されていることで万が一の際に備えられる点が、クレジットカードを保有するメリットといえるでしょう。

クレジットカードの付帯保険には「自動付帯」と「利用付帯」があります。
「自動付帯」は保有するだけで保険が適用され「利用付帯」は対象の支払いにカードを利用した際のみに適用される点に注意が必要です。

理由7.クレジットヒストリーを積み上げられる

クレジットヒストリーとは、クレジットカードや各種ローンなどの利用実績のことです。

クレジットカードや各種ローンなどの契約情報は信用情報として登録されます。

信用情報はクレジットカードや各種ローンの審査の際に確認されるため、良い実績があることでプラスに働く場合があります。

例えば「毎月の支払いに遅れがない」という情報が信用情報から確認されると、審査に良い影響を与えます。

一方で、延滞した実績がある場合やクレジットヒストリーがまったくない場合は支払能力を判断できないため、審査に落ちる可能性があるでしょう。

学生がクレジットカードで注意すべきこと

学生がクレジットカードで注意すべきこと

学生がクレジットカードで注意すべきこととして、以下の3点が挙げられます。

・リボ払いやキャッシングは利用しない
・利用明細や口座残高をこまめに確認する
・支払いが遅れた場合は信用情報に傷がつくことを理解しておく

注意点を理解しないままクレジットカードを利用してしまうと、さまざまなリスクが考えられます。

そのため、リスクも理解した上で利用するようにしましょう。

リボ払いやキャッシングは利用しない

クレジットカードを利用する上で「リボ払い」や「キャッシング」を使うと、支払いが困難になる可能性があります。

・リボ払いとは
利用金額にかかわらず、毎月の支払いを一定金額に統一する方法
・キャッシングとは
ショッピング枠とは別で設定されている「キャッシング枠」を利用し現金の借入ができる機能

リボ払いは月に支払う金額を減らせますが、利用残高は増え続けてしまうため、後の返済が困難になる可能性があります。

また、キャッシングで借りた分は翌月以降に返済する必要があります。
ショピング利用分とキャッシング利用分の両方を支払う必要があるため、返済が困難になる可能性もあるでしょう。

計画的に利用するためには、ショッピングやリボ払いを使わずに、なるべく1回払いで支払えるようにすることがポイントです。

利用明細や口座残高をこまめに確認する

クレジットカードは支払い時に現金が減ることがないため、使いすぎてしまうというデメリットがあります。

カードの使いすぎを防ぐためには利用金額の把握が重要です。

まず、クレジットカードの利用明細を確認しましょう。利用明細には「月ごとの支払金額」や「何にいくら使ったのか」が記載されています。

利用明細を見ることでこれまでの利用状況がわかるため、クレジットカードを自粛することが可能です。

また、当月に支払う金額が把握できるため、口座残高が足りないという事態を防げます。

利用明細の確認をしながら、引落口座の確認も忘れないようにしましょう。

支払いが遅れた場合は信用情報に傷がつくことを理解しておく

クレジットカードは支払いの選択肢が増える点でメリットがありますが、万が一返済できなかった際のリスクもあります。

もしクレジットカードの支払いに遅れてしまうと信用情報に傷がついてしまう点に注意が必要です。

信用情報には支払い遅れの記録が残ります。
将来的にローンや他のクレジットカードを申込む際に、信用情報が原因で審査に落ちる可能性があるでしょう。

そのため、クレジットカードを利用する際には支払い不足や支払い忘れがないように、こまめに明細や口座残高を確認しましょう。

まとめ

学生がクレジットカードを持つメリットとして「ポイントが貯まる」「支払いや管理が便利」という点が挙げられます。

しかし、クレジットカードは使いすぎや利用方法によっては支払いが困難になる点に注意が必要です。

そのため、リスクも検討したうえで、自分がクレジットカードを作るべきか検討しましょう。

また、学生向けのクレジットカードの中でも、それぞれ特徴が異なります。

発行を検討している方は、クレジットカードごとの特徴を比較しながら自分に合った1枚を見つけましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次